読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釜ヶ崎と女子大生。

現役女子大学院生が、大阪西成区にあるディープな街「釜ヶ崎」で見聞きしたこと、感じたことを書いてゆきます。

#9. 越冬闘争2日目~釜ヶ崎の年越し~

越冬闘争 釜ヶ崎

2016年12月31日。ついに今年最後の日がやってきた。前日のブログを書くのに午前中から3~4時間かけてしまったので、少し出遅れて釜ヶ崎へやってきた。私がこの日三角公園へついたのは、午後4時頃だった。

大晦日の釜ヶ崎

午後4時頃は、まだそこまで人が多くなかった。ステージでは相変わらず出し物が続いているが、集まった人は100人にも満たない。本部にいた実行委員会の方に「お疲れ様です。今日は人が少ないですね。」と話しかけると、『みんな炊き出しの時間に合わせて来るからなあ、でもあと2時間くらいしたら沢山くるで。30日は炊き出しがあるか分からなくても、31日なら確実に炊き出ししてると皆知ってるから、今夜は多いで。』と言われた。なるほど、そういう共通認識があるのか。

炊き出し班の準備もだいぶ終わりかけているらしく、私は三角公園の中を歩きまわることにした。実行委員会の方やボランティアの学生と話すのは楽だけども、やはりおっちゃん達と話さないと意味が無い。私の方から勇気を出して話しかけると、嬉しそうにする人や恥ずかしがる人もいれば、無視する人や上手く会話ができない人もいる。普段若い女性と関わる機会が無い彼らからすると、やはり戸惑ってしまうのだろう。なかなか難しいな・・・と思っていると、後ろからニッコニコに笑うおっちゃんが話しかけてきた。

おっちゃんと写真館

話しかけてくれたおっちゃんは、背が私よりだいぶ低く(150㎝くらい)、既に酔っぱらってご機嫌だった。『ねぇちゃん、べっぴんさんやなぁ。一緒に写真撮ろうや。』とダミ声で話しかけてくるおっちゃんは、笑い皺が似合う方だった。おっちゃんに連れて行かれたのは、三角公園内にある写真館だった。

f:id:kamakyou:20170102103801j:plain

ベニヤ板で作られた仮設の写真館の中には、ここで撮られたおっちゃん達のモノクロ写真が壁一面に貼られていた。どの写真も、本当におっちゃんたちが生き生きとしていた。こんなにも、彼らは素晴らしい被写体になるのかと、心の底から感動した。一人一人の写し方から、写真家の愛情が伝わってくる。

写真に心を奪われていると、おっちゃんが早く一緒に写真を撮るよう急かしてきた。撮影中に周りで見ていた人がふざけて『おぅ、ええなぁ!冥途の土産になるなぁ!』と言うと、隣にいたおっちゃんは『ほんまやで』と、ガハハと笑っていた。撮り終わった写真の現像中に、おっちゃんは『皆も一緒に撮ってもらえ!べっぴんさんやぞ!』と周りに宣伝していった。なんだかマスコットみたいになってるぞ・・・と思っていたが、他の人は恥ずかしがって遠慮したので、撮影会には至らなかった。

このおっちゃんにブログ掲載の許可を取るのを忘れていたので、出来上がった写真をお見せすることはできないが、別のおっちゃんが撮影する様子を撮らせてくれた。実際の雰囲気は、こんな感じだ。

f:id:kamakyou:20170102110355j:plain

この被写体の方は以前にも会ったことがあり、ブログ掲載を快諾してくれた。(念のため顔にはモザイクをかけています。)彼は叩き上げの日雇い労働者ではないが、釜ヶ崎には珍しくお洒落心のある、おちゃめで愛嬌のある人だ。

なぜ釜ヶ崎で写真を撮るのか

この撮影が終わった後、写真館で撮っていた方に話を聞いてみた。どうやらこの写真館は、5~6年前に始まり、現在写真を2人交代で撮影しているらしい。この壁一面の写真を撮ったのは別の人物で、デジカメで撮った写真をモノクロにしているそうだ。今日撮っていた方は『でもね、釜ヶ崎では、昔は労働者の写真を撮ること自体できなかったんだよ。こうして写真を撮れるようになったことが、凄いことなの。自分たちも、最初は毛嫌いされるかなぁと思って始めたんだけど、これが意外と皆撮ってもらいたがるんだよね。』と話してくれた。この写真は、証明写真の意味もあるが、それ以上に遺影として撮られているらしい。さっきのおっちゃんが「冥途の土産になる」と言っていたのも、あながち間違いでは無いのだ。ここ釜ヶ崎でも高齢化が進み、死を意識せざるを得ない。そうした釜ヶ崎の現状を反映して、写真館は建っていることが分かった。

*翌日、壁一面の写真を撮っている男性とお話しした。壁の写真を撮ってブログに載せて良いかとたずねると、色々な事情でネット上に写真が出ない方が良い方もいるということだったので、ここには写真は出さない。あまりに素晴らしい写真の数々だったので、個展をしないのかときくと、同様の理由で釜ヶ崎の写真展はしないそうだ。なぜ写真を撮るのか?という質問に対しては、とても一言では表すことのできない想いが彼にはあるようで、詳しくは聞けなかった。

大晦日の炊き出し

写真館を出る頃には、三角公園には沢山の人が集まっていた。ざっと400~500人はいるだろうか。多くの人々が炊き出しの列に並び、食事を貰った後は、身を寄せ合うようにして立ちながら食べていた。ドラム缶には、昼間から絶え間なく薪がくべられ、明るい炎が辺りを照らす。時折舞い上がる火の粉を避けつつも、ドラム缶の周りには人が円を描くように佇んでいる。

f:id:kamakyou:20170102114204j:plain

こんな炎を見るなんて、何年ぶりだろう・・・。炎の周りを囲み、貰った炊き出しを食べるおっちゃんの遥か向こう側には、あべのハルカスが見える。

f:id:kamakyou:20170102114512j:plain

煌々と光る高層ビルを、おっちゃん越しに見ていると『あぁ、あのビルにいる人は別世界の人だな・・・』と思えてきた。すると、自分自身が、まるで中世のヨーロッパの城を眺める平民と同じ目線であるかのような錯覚に陥った。遠い昔の時代にも、こうして火を囲みながらご飯を食べ、遥か彼方の絢爛豪華な城を眺めては、別世界のように感じていた人がいたのではないか。中世も、現代も、何も変わらないじゃないか。中世と現代が被る、そんな衝撃が私の体を駆け巡ると、この三角公園からあべのハルカスが見えて良かったな、と感謝にも似た気持ちが湧いてきた。

2016年最後の夕食

その後少し実行委員会の方の手伝いをした後に、炊き出しを準備する施設に戻ると、余ったご飯を学生ボランティアの人たちが食べていた。他の人に薦められるまま、私もいただくことにした。

f:id:kamakyou:20170102120404j:plain

2016年最後のご飯が、釜ヶ崎の炊き出しの残飯になるとは、去年は思いもしなかったなぁ・・・・としみじみとした。今日のメニューは、赤魚の煮つけ丼と、卵スープ。有難く、有難く、いただいた。

食後は夜回りパトロールに出たのだが、その話はまた今度にする。パトロール後は、釜ヶ崎に住む知人と近くの飲み屋へ向かい、常連さんたちとカウントダウンをした。気持ち良く酔った後は、知人の空き部屋に泊まらせてもらい、釜ヶ崎の大晦日は終わりを告げた。

 

次の更新も、お楽しみに。