読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釜ヶ崎と女子大生。

現役女子大学院生が、大阪西成区にあるディープな街「釜ヶ崎」で見聞きしたこと、感じたことを書いてゆきます。

#14. 私が通い続けているカレー屋さんの話

新学期でバタバタしていたが、ようやく落ち着いてきたので久しぶりに更新する。

世の中がGWを迎えてオープンな雰囲気になっている中、京都から京阪電車に揺られて大阪にやってきた。地下鉄に乗り換え、動物園前駅に降りて釜ヶ崎の街を久しぶりに歩くとテンションが上がる。ついこの前まで底冷えしていた街も、すっかり暖かくなって新緑の季節になっていた。

f:id:kamakyou:20170511104351j:plain

愛してやまない釜ヶ崎のカレー屋さん

今日は私が釜ヶ崎に来たら必ず寄るお店について紹介したい。その名も、薬味堂釜ヶ崎のど真ん中に位置する、カレー屋さんだ。日本一ディープな場所にあるカレー専門店と言って過言は無いだろう。今日の記事は少し宣伝みたいになってしまうが、私がどうしても皆に伝えたい大好きなお店なのだ。

f:id:kamakyou:20170511104657j:plain

薬味堂は30代のマスターが一人で切り盛りしている。釜ヶ崎のど真ん中にあるにも関わらず、入った瞬間に京都の三条河原町のようなお洒落な雰囲気が広がっているのだ。去年の夏、釜ヶ崎に通い始めた頃に、知人に紹介してもらったのだが『こんなお洒落な店が釜ヶ崎にあるなんて!!!』と、ひどく感動したのをよく覚えている。

薬味堂さんの愛すべきポイント

薬味堂さんの愛すべきポイントは、この3つ!

① マスターが優しくて面白い! 

② カレーが安くて美味しい!

③ 店内がお洒落で落ち着く!

 以下では、この3項目でつらつらと書いてゆきたい。

その1  いつも笑わせてくれるマスター

こちらが薬味堂のマスター、高島さん。ざっくり紹介すると、高島さんは釜ヶ崎に生まれ、関西の有名私大を卒業してから企業に務めた後、2014年にこの場所でお店をオープンした。海外経験豊富なので、英語はペラッペラだ。外国人観光客が来ても、余裕で楽しく会話ができちゃう姿はカッコイイ。しかも彼の人生は波乱万丈すぎて、話すネタには事欠かない。

f:id:kamakyou:20170122171355j:plain

最初に私が来店した時には、「これが大阪人の面白さか!!!」と衝撃を受けるくらい爆笑させてもらった。今も店に行く度に爆笑させて貰っている。控えめな人が多い新潟県民としては、話の上手さにはビックリした。(高島さんを知る大阪の方も、「あの人は面白い!」と言うほど定評があると思う。)

年末年始の越冬闘争の記事#12. 越冬闘争5日目~釜ヶ崎の年越し~ - 釜ヶ崎と女子大生。にも書いたが、私が越冬闘争に通っていた最中に、このブログが更新できるようにと店の2階にあるコタツとWifiを貸してくれたのも高島さんのご厚意だ。その他、釜ヶ崎に通い始めたばかりの私に、釜ヶ崎に生きる住民としての目線を教えてくれたのもこのマスターに他ならない。私にとっては、面白くて頼れるお兄さん的存在なのだ。

その2  安くて美味しいカレー

f:id:kamakyou:20170511111121j:plain

薬味堂に通うのは、お世話になっているマスターに会いたいだけではなく、ここのカレーが無性に食べたくなるのも理由の一つ。ほど良い辛さで、クセになる味。しかも使っている牛すじは、こだわりの国産だ。お洒落な店内とは裏腹に、出てくるカレーはお手頃価格なので嬉しい。カレーは主に2種類で、メニューは以下の3つだ。(価格は税込みです。)

・ベジカリー(野菜のカレー)500円

・どてカリー (国産牛すじのカレー)600円

・あいがけカリー (ベジと牛すじが両方食べられる)700円

ちなみに、この日私が食べたのは、ベジカリー。初めて行く人は、2種類味わうことができる「あいがけカリー」がお薦めだ。

f:id:kamakyou:20170511112922j:plain

(ベジカリー。これがワンコインで食べられるから驚き。)

薬味堂さんに行くと12時台は混んでいて、昼の営業が終わる頃にはご飯またはカレーが売り切れ状態になっている場合も結構ある。薬味堂さんが繁盛してくれるのは私も嬉しい。マスターと話したい!という人は、夜の営業か空いている時間帯を狙って行くことをお薦めする。

その3  お洒落で落ち着く店内

外観からは分からないかもしれないが、店内は実はこぢんまりとしている。店内はカウンター席のみ、座席は全部で6席くらいだろうか・・・・。

釜ヶ崎に通い始めた頃は、今よりも土地勘も無くて街を歩くのにかなり緊張していた。同年代が少ないことを心細く思うことはあるが、こうして「ほっとできる空間が釜ヶ崎にある!」ということを知ってからは、ここに通うこと自体がとても気楽になったと思う。

f:id:kamakyou:20170511142234j:plain

このカウンターに座っていると、後ろに置いてあるスピーカーからマスターの選んだ洋楽が流れてくる。洋楽を聴きつつ、マスターと談笑しているとおもむろに人が来店してくる。これまで沢山の人たちと、お店で出会うことができた。常連さん、学生、外国人旅行客、釜ヶ崎のおっちゃん達、アーティスト・・・立ち寄った人たちと自然に話せたのも、アットホームな雰囲気とマスターの明るい人柄のおかげかなと思う。

いつもお世話になっている薬味堂さんの紹介(と私の溢れんばかりの感謝)はこのくらいで留めておこう。なんだか今日もお店に行きたくなってしまった。

薬味堂さんは不定休なので、もし行きたいな~と思う人はFacebookのページで営業の有無を確認するのがお薦めです。

薬味堂Facebook page: 

https://www.facebook.com/yakumido.curry/?fref=ts

薬味堂HP:

カリー屋 薬味堂 大阪西成 yakumido.com